本文へ移動

ブログ

空き家が過去最多900万戸!固定資産税6倍になる

2024-05-01
カテゴリ:くらし、空家問題、解体工事
注目オススメ
空き家が過去最多900万戸!固定資産税6倍になる
空き家問題と解体工事の重要性:固定資産税の急増を避けるために
空き家問題と解体工事の重要性:固定資産税の急増を避けるために
日本全国で空き家の数が過去最多の900万戸に達し、多くの地域でこの問題が社会的な課題となっています。空き家は街の景観を損なうだけでなく、犯罪の温床になるリスクもあります。さらに、政府は空き家問題に対応するため、固定資産税を最大6倍に引き上げる方針を示しており、これにより多くの空き家所有者にとって新たな負担が増加しています。

空き家増加の背景

日本の人口減少と高齢化が進む中で、空き家の数は増加の一途を辿っています。多くの高齢者が亡くなるか介護施設に移ると、その家は空き家となり、管理が行き届かなくなるケースが多いです。また、遺産相続によって空き家を承継する人も、実際にその家に住む計画がないことがほとんどです。

固定資産税の増税効果

固定資産税の引き上げは、空き家の早期解体や有効利用を促進するための政策です。税金が増えることで、所有者は財産を放置することの経済的なデメリットを再認識し、解体や売却、再利用の選択を迫られることになります。この政策は、空き家がもたらす様々な問題を解決するための一つの手段とされています。

解体工事のメリット

1. 税金負担の軽減: 解体を行うことで、固定資産税が引き上げられた空き家に対する税負担を軽減できます。
2. 土地の有効活用: 空き家を解体することで、土地を新たに有効活用する機会が生まれます。例えば、駐車場や小さな公園、新しい住宅や商業施設の建設などが可能になります。
3. 安全リスクの削減: 放置された空き家は、崩壊の危険性や放火や犯罪の隠れ蓑となることがあります。
これらのリスクを解消するためにも、解体は有効な選択肢です。

解体工事の進め方

解体工事を進める際には、まず専門の業者に相談を行うことが重要です。解体業者は現地調査を行い、建物の構造や解体に必要な手順、コストの見積もりを提供してくれます。また、解体には適切な許可が必要となるため、法的な手続きの支援も業者が行ってくれるでしょう。

 結論

空き家が増加する中で、固定資産税の大幅な引き上げは多くの所有者にとって大きな負担となりますが、これを
機に解体工事を含めた積極的な対策を考えることが求められています。空き家の解体は、税負担の軽減だけでなく、地域社会の安全性向上や土地資源の有効活用へと繋がり、持続可能な地域づくりに寄与する重要なステップです。
富士産業株式会社

〒373-0815
群馬県太田市東別所町
112-10トヨタビル3F
TEL.0276-30-6054
FAX.0276-30-6056
1.産業廃棄物収集運搬
2.解体工事
TOPへ戻る